注目キーワード
  1. 経済学
  2. 社会
  3. 企業
  4. 高校生活

需要の弾力性って何?所得弾力性や交差価格弾力性も解説!

需要の弾力性はミクロ経済学初期に登場します。

どういう意味か、公式ってなんだっけ?となりがちな所です。

しっかり覚えておきましょう!

 

需要の弾力性

 

需要の弾力性って?

価格の変化でどれだけ需要が変化するかを計るもの

 

価格の変化に対して需要量が大きく変化するときは「弾力的」です。
価格の変化に対して需要量が少なく変化するときは「非弾力的」です。
1を基準に判断します!

 

マンキューでは弾力性が1のときは「単位弾力的」という言葉を使用しています。

 

ネコ先輩と犬後輩

 

ネコ先輩
グミが100円から90円に値下がりしたニャ!

 

犬後輩
みんな急に買い始めたワン!

 

ネコ先輩
この反応を計るのが需要の弾力性ニャ

 

 

需要の弾力性の求め方は?

簡単な公式を使う。

P=変化前のP

Q=変化前のQ

△P=変化前のPー変化後のP

△Q=変化前のQー変化後のQ

 

これが需要弾力性の公式です。

弾力性は絶対値で表すことが一般的であるため、ーをかけることを忘れずに!

 

需要の弾力性は「ある財の需要量がその財の価格の変化によってどれくらい変化するのか」を計ります。

そのため財の変化式を価格の変化式で割ります。

逆に割らないように気をつけてください!

 

これだけではよく分からないため、例を示して説明していきます。

 

 

 

 

これを式で表すと・・・

 

 

よって答えは4となります。

4は1より大きいため弾力的ということが分かります。

これが需要の弾力性の求め方です。

 

交差価格弾力性

交差価格弾力性とは?

あるモノの需要量が他のモノの価格の変化にどういう影響を与えるかを示す。

 

交差価格弾力性は主に財1と財2が補完財か代替財かを示すときに用います。

交差価格弾力性が正→補完財

交差価格弾力性が負→代替材

 

ネコ先輩
パンの価格が上がったニャ

 

犬後輩
ご飯の需要が上がったワン

 

ネコ先輩
パンとご飯は代替材にゃ

 

交差価格弾力性の公式

で求めることができます!
補完財と代替材は今後も出てくるため、どういう意味を持つかを把握しておくと良いでしょう。

 

需要の所得弾力性

需要の所得弾力性とは?

所得の変化が需要にどのように影響するかを示す

 

需要の所得弾力性は上級財と下級財を見分けるときに使います。

 

上級財→需要の所得弾力性が正
(ex,所得の増加で需要量も増加)
下級財→需要の所得弾力性が負
(ex,所得の増加で需要量が減少)

 

となります。
上級財と下級財の説明は最低限できるようにしましょう。

まとめ

需要の弾力性について理解できましたか?
ミクロ経済学では必須の知識なので覚えておきましょう!
最新情報をチェックしよう!